ビジネス | インドネシアの生活情報

ビジネス
投資と会社設立
投資及び会社設立に関しては、重要ポイントをしっかりと理解する必要があります。安心、安全のため、設立にまつわる法規本等の翻訳版を熟読されることをお勧めします。
ビジネス
税務の基礎知識
インドネシアに所在する法人、個人を問わず各種所得税や付加価値税を納付・申告・源泉徴収する義務が課せられます。これらを出来るだけ理解する事が安心につながります。
ビジネス
会計
会計・経理は会社の実態を理解することになるため、いち早く改善点を見つけ、有効な組織改善を進めることにも繋がります。業務の流れ・パターンで把握することが重要です。
ビジネス
工場設立
当地では建築制限、環境規制等様々な規制があり、地域により条件も若干異なる場合がありますので、土地選定前に工業団地や建設会社に相談することをお勧めします。
ビジネス
工場・企業向け損害保険
自然災害やインフラ事情による損害も大小様々おこるため、リスクマネジメントは必須となります。そのためにも損害保険の正しい理解と適切な保険手配が必要です。
ビジネス
ワーキングビザ
ワーキングビザの取得には時間がかかる場合が多く、退職証明書や英語の職務経歴書等、各種書類が必要となりますので、事前に確認して、 書類の不備がないようにしましょう。
ビジネス
インドネシアで働く
インドネシアで働きたいのに方法がわからない、このような人に、数多くの日系人材会社が存在します。日本での登録、無料での就職相談も可能ですので、是非利用しましょう。
ビジネス
リクルート事情
転職が盛んなインドネシアでは長く働いてくれて何でも任せられる人材を探すのは困難です。また個人の専門志向が明確なため仕事の割り振りにも注意が必要となります。
ビジネス
社内マナー
宗教による生活習慣の違いは社内でも起こります。就業中のお祈りや、ヒジャブの着用等は宗教の違いとして認める事が必要です。また、過剰な私語や迷惑行為は避けましょう。
ビジネス
ビジネスウェア
会社や職種にもよりますが、男性はワイシャツにスラックス、ノーネクタイで通勤するビジネスマンが一般的です。女性は落ち着きのある服装であれば問題ありません。
ビジネス
日本語スピーカー
ドラマやアニメ等の影響で、日本語に興味のあるインドネシア人は少なくありません。大学等で専攻として学び、読み書き会話が堪能な人を雇用する日系企業も多くあります。
ビジネス
アポイントメント
日系企業に電話をした時にもインドネシア人の受付が取る事が多く、日本語が通じるのは稀です。 簡単なインドネシア語のフレーズを覚えて日本人に取り次いでもらいましょう。
ビジネス
オフィス用品
オフィス用品はカタログやウェブからも注文可能です。また、どのオフィス用品が良いかなどの相談にものってくれるオフィス用品メーカーもありますので活用しましょう。
ビジネス
コピー機
オフィス環境では、コピー、FAXなどは必須です。当地でもそうした機能を備えた複合機が手に入ります。レンタルと購入があるのでニーズに応じたものを選びましょう。
ビジネス
ジャカルタのオフィスエリア
ジャカルタではスディルマン地区やタムリン地区に多くの日系企業が集まっており、近くには日本人向けの病院や日本製品を扱うスーパー、ショッピングモールなどもあります。
ビジネス
レンタルオフィス
経済の発展や海外企業の進出により、オフィスの賃料は年々上昇しています。建物、設備、管理でオフィスビルのグレードが決まりますので、下調べをしっかりしましょう。
ビジネス
バーチャルオフィス
バーチャルオフィスとは、社内コミュニケーションと顧客対応をITインフラを通じ実現することです。インドネシアでも展開が可能ですので、メリットに応じて活用しましょう。
ビジネス
社用車
ほとんどの日本人が、会社への朝夕の送り迎え、社用での外出などにドライバー付きの社用車で移動している状況です。複雑な会話は必要ないため気軽に利用出来ます。
ビジネス
セキュリティー
従業員による横領や入庫数量の偽証などの内部犯行が起こる可能性もあるので、安全対策は不可欠です。監視カメラの設置やデータへのアクセス規制等の対策を練りましょう。
ビジネス
工業団地
ジャカルタの東にあるブカシ県やカラワン県には大規模な工業団地があります。日本企業も多く操業し、近隣にはショッピングモールなどもあり多くの日本人が生活しています。
交通
空港
空港は主要地域はもちろん、リアウ諸島や小スンダ列島、ニューギニア島などにもあります。ただし到着時にビザの取得できる空港は限られているので注意しましょう。
交通
日本への航空便
バリとジャカルタからは直行便があり、所要時間は7時間〜8時間ほど必要となります。日本までの直行便はANA、JALとガルーダ・インドネシア航空が運航しています。
交通
国内の航空路線
ジャカルタからは、バリ島やスラバヤ、ロンボク島など、インドネシア各地への国内線が就航しています。インターネットでもチケットを購入できるので、チェックしましょう。
交通
タクシー
ジャカルタでは、ブルーバードタクシーが比較的安全に利用出来ます。初乗り運賃は7000ルピア(約58円)で日本よりはかなり低価格です。アプリでの予約も出来ます。
交通
渋滞事情
ジャカルタでは日本とは比較にならないほどの渋滞が発生します。空港利用や会社訪問の際などは、出来るだけ早めに出発し、遅れる事のないように注意しましょう。
交通
運転マナー
車線を乗り越えての運転や、少しの隙間への割り込みなど、日本人ドライバーにはストレスを感じてしまう状況が起こりがちです。出来るだけ安全を確保して運転しましょう。
交通
運転免許
インドネシアはジュネーブ条約に加盟していないので、原則的に国際免許を使用することは出来ません。ただし日本の運転免許所有者は、比較的簡単に現地で取得できます。
交通
長距離バス
時間をあまり気にせず、インドネシアの旅を味わいたい方には最適です。席はエコノミークラス、ビジネスクラス、VIPクラス、エクゼクティブクラスの4種類があります。
交通
自動車保険
十分な補償の保険に加入していない車も散見されますので注意が必要です。そのため自らを守るためにも自動車保険を手配することをお奨めします。備えあれば憂いなしです。
交通
事故時の対応
海外での事故は混乱してしまうものです。後日のトラブルを避けるためにも、自らその場で判断することはせず、すぐに警察と保険会社に連絡するようにしましょう。
交通
ガソリン
なれていないとインドネシアでのガソリン給油に混乱してしまうかもしれません。現地のガソリンスタンドでの給油は運転手が行いますが、長い列が発生する場合があります。
交通
トランスジャカルタ
2004年に導入された交通手段で、連結した大型バスが専用レーンを走る仕組みです。乗り換えもあり、日本の地下鉄利用に近いですが混雑時は乗車に時間がかかります。
交通
バジャイ
オートバイに囲いをつけたような3輪自動車がバジャイです。早く到着できる利点もありますが、料金は交渉制で英語はほとんど通じないので、利用時には注意しましょう。
交通
鉄道
ジャカルタの近郊電車、長距離列車とも、近年随分近代化され使いやすくなってきました。渋滞の激しいインドネシアでは、上手く使いこなせば結構便利かも。
交通
オジェック
オートバイでの移動手段で料金は交渉制となります。渋滞時の時間短縮になりますが、事故には要注意です。最近は料金体系が明確な、アプリで呼び出せるサービスもあります。
ページ上部へ戻る