医療 | インドネシアの生活情報

医療
医療事情
ジャカルタでは医師、施設が充実してきている状況ながら、地方では医師不足等の遅れがあります。日本語で受診できる病院はジャカルタにいくつかあります。確認しましょう。
医療
病院
ジャカルタには24時間365日診療を行う邦人向け病院もあります。私立病院の診療では1,000ドル以上の高額な保証金が必要となる場合があるので注意が必要です。
医療
健康診断
海外生活では、健康状態を把握しておきたいものです。また車移動の頻度の高さから運動不足になりがちです。日本の項目に準じた健康診断を受けられるクリニックもあります。
医療
シンガポールでの健康診断
出張などで訪れる機会の多いシンガポールでは、 日本人向けの医療機関も充実しています。夏休みや多くの企業の年度末では混み合うことがありますので早めに予約しましょう。
医療
歯科
日本語の通じる歯科医院もありインプラント、矯正等の先端治療も可能です。ただし歯科治療は海外保険の適用外となる場合が多いので、診療前に確認するようにしましょう。
医療
美容クリニック
紫外線などによる肌の劣化はやはり気になります。歯も白い歯であれば健康的に見えます。こうした治療が可能なクリニックもジャカルタにありますのでチェックしましょう。
医療
予防接種
麻疹、風疹、おたふく風邪、 破傷風、ポリオなどのワクチンのほか、A型肝炎、B型肝炎、破傷風、狂犬病、日本脳炎などの予防接種が有効です。出来るだけ受けましょう。
医療
子どもの病気
インドネシアでは子どもの病気として手足口病やロタウイルスなどがあります。子どもの体調不良などの兆候があらわれたら、すぐに病院で診察してもらいましょう。
医療
出産
出産や育児は不安なものです。インドネシアでの出産となれば心配もより一層です。そのような中、日本で医療を学んだ医師のもとで出産できる環境が整ってきました。
医療
救急車
ジャカルタでは有料と無料の救急車があります。ただ、渋滞時などは救急車でも道をあけてくれないケースが多いため、自家用車で病院に向かった方がよい場合があります。
医療
市販薬
頭痛薬や腹痛薬はドラッグストアやコンビニエンスストアでも購入できますが、日本より強い成分が含まれている場合があります。病状が続くなら、医師の診断を受けましょう。
医療
サプリメント
こちらでもサプリメントは購入できます。ビタミンCや栄養剤などをドラッグストアやコンビニエンスストアで購入できます。信頼できるメーカーの製品を選びましょう。
医療
スキンケア
野外では日差しが非常に強いため、日焼けには要注意です。日焼け止めクリームなどで肌のケアをし、日差しの強いところでは帽子の着用を心がけ、予防しましょう。
医療
整体とマッサージ
ジャカルタでは日本発の整体サロンが出店するなど、様々な施術が受けられます。価格帯も10万ルピア(約830円以下)とリーズナブルなものもあり、気軽に利用できます

医療
腰痛
長時間座ったままの姿勢が続くことで、腰痛が引き起こされることがあります。ストレッチをするなどして背骨を伸ばして、まずは痛みの症状を緩和させることが重要です。
医療
デング熱
ワクチンや特効薬がないので防蚊対策をしましょう。倦怠感、高熱、関節痛、頭痛等の症状があります。症状が一段落した後もしばらく倦怠感や肝機能障害が続きます。
医療
アメーバ赤痢
粘血便や、下痢、腹痛などの症状が出ます。菌で汚染された飲食物などで感染します。特効薬はメトロニダゾルですが、嘔吐 、うつ傾向などの副作用が出る場合があります。
医療
腸チフス
食物、水などを通してチフス菌が経口感染して発病する感染症です。高熱や全身衰弱、また、腸出血を併発することがあります。衛生管理が問題な場所での飲食は避けましょう。
医療
大気汚染
ジャカルタでは増え続ける車やバイクによる排気ガスにより、大気汚染がひどくなっています。外を歩く場合は出来るだけマスクを装着し予防を怠らないようにしましょう。
医療
飲料水は安価にコンビニエンスストアやスーパーで手に入ります。 レストランの氷なども水道水を加熱殺菌して使用しているものもあるので、出来るだけ避けた方が安全です。
ページ上部へ戻る